AppleWatchでポケモンGOをやってみた

img_3084 img_3155

遂に欲しかったAppleWatch2を買ってしまいました。
興味は1から持っていましたが、「遅い」だの「バッテリーがすぐ無くなる」だのレビューを見て薄れてしまいましたが、2はかなり改善しているようで期待大です。

私が買ったのはAppleWatch SERIES2 Nikeモデルです。

買う目的の1つが「ジョギング」だったので、どうせならNikeモデルのがカッコいいし!ということで決定。

Nikeモデルについてくるバンドがなかなか使い勝手良いです。

穴ぼこが空いているので通気性もバッチリ。5キロジョギングを4~5回ほどやってみましたが、重さも殆ど感じることなく走れました。

そして最近になってポケモンGOがAppleWatchに対応しているじゃありませんか。

ガッツリとはやっていませんが、時間の合間にやっているライトユーザーなのでインストールしてやってみました。

色々な所で言われている通り、できることは

・タマゴ孵化の距離が分かる&計測できる
・現在地で出現中のポケモンが分かる
・ポケストップが回せる

となります。

その中でも私が注目したのはポケストップが回せること!

田舎ユーザーの私の最大の悩みはポケストップの少なさから、あっという間にボールがなくなってしまうこと。しかし、わざわざボールを取るだけの為にポケストップまで移動するもの面倒。

そうなると、たまたま近くを通りかかった時に回すのが一番良いのですが
なにせポケモンGOは起動が遅い。ボット対策なんか知りませんがたまに何も映らないときもあって、再起動しなくちゃいけない場合なんてもっと時間がかかります。非常にストレスです。

AppleWatchのポケモンGOだと、なかなか起動が早くて立ち止まることなくササっと回せます。

通知機能で「ポケストップ」と「ポケモン」の2種類が選べるのですが、ポケモンを通知すると非常にうざったいのでポケストップだけを通知に設定しています。そうするとスリープ中でもブブっと通知してくれて便利です。

使っていると、その通知→ポケストップの表示→回すという段階を踏むのも面倒になってきました。
いろいろ試行錯誤してみると、ポケストップ範囲内に入った時に、スリープ状態だと通知がきますが、スリープを解除していると直接ポケストップが表示されます。
つまりポケストップ近くなってきたら手首をクイッとこちらに向けてスリープを解除。
そのまま範囲内に入ればポケストップ表示→回すと非常にスマートに行うことが出来ました。

車など速度が早い場合も、通知→ポケストップ→回すだと間に合いませんが、
事前にスリープ解除→ポケストップ→回すだと間に合ったりします。
(車でやるときは運転手じゃない時にやりましょう!危険です!)

そんなこんなでこの年末年始だけでかなりのポケストップを回し続け、
ボールが200個近く溜まりました!

バッテリー消費については、ポケモンGOを起動しっぱなしにすると一日バッテリーはもちませんが、必要なときだけ起動をすれば1日は持つ感じです。

というより、iPhoneのGPSを使っているので、iPhoneのほうが先にバッテリーがなくなります。

AppleWatch側のGPSを使ってくれればiPhoneのバッテリーを使わなくて済むのでいいんですが、SERIES1だとGPSを搭載していない為難しいでしょうね…。セキュリティの面もありますし。

ポケモンGOユーザーでApplewatchを持っている方は是非使ってみて下さい。