macでテレビを見てみよう

私の家ではSoftBank SELECTION録画対応デジタルTVチューナーのSB-TV03-WFRCというものを使用しています。

iPhoneでテレビが見れたり、外付けHDDをつければ録画まで出来るので便利です。

2歳と4歳の子どもたちにテレビはほぼ占領されているので、どうしても見たいものがある場合はiPhoneで見ていましたが、画面がどうしても小さい。もともと悪い目が更に悪くなる。

ということで、手持ちのmacbookproでテレビが見れたらいいなぁと、探したら有りました!

前に探した時は、SB-TV03に対応したアプリが無かったんですけど、ちょっと前に出たみたいですね。

それがこれStationTV

テレビを見るだけには少し値が貼りますが、早速購入してみました。

起動してみると画面のキャプチャを検出したとかなんとかで起動できず。

ググってみると、地デジ保護のため画面キャプチャ機能を持っているソフトが起動していたりすると、使えないみたいです。

・Evernoteを終了させる
・FWの「外部からの接続をすべてブロック」をoffに
・画面共有設定をoffに
・VNCを終了させる

これで大丈夫だろうと起動してみると起動できず。

どのソフトが引っかかっているか教えてくれてもいいのに…。

しかたないのでプロセスから怪しいやつ全て消してみましたが、起動できなかったので最後の手段として初期化しました。

もう5年も使っているMacbookだし大掃除を兼ねてスッキリ綺麗にね!

もともとデータは外部ストレージに置いているのでmacbookには殆ど入っていないので

すぐに初期化が終わりました。

そしてようやくStationTVが起動!

フルセグだけあって綺麗に映りました。ただ、尋常じゃなくバッテリー消耗が早い。

バッテリーだけだと2時間番組見れないんじゃないだろうかってくらい。いや、1時間番組も危険かもしれない。

それとかなり熱を持つので膝の上で見ていると結構ヤバイです。一度熱を持ちすぎて電源落ちました。

電源つないでテーブルの上で見るには良いんじゃないかなーという印象ですね。

ちなみに初期化してEl Capitanでも視聴は可能でした。録画した番組もしっかりと見れます。

溜まっている録画番組の消化が捗りそうです。

最高のコスパと称されるCheeroモバイルバッテリーを購入。

Cheeroのモバイルバッテリー『cheero power plus 2』を購入してみました。
その容量はなんと10400mAh。僕が持っているiPhone4Sは調べてみると1420mAhという事なので単純計算でも約7回のフル充電ができるという事。

実は購入に至るまでに、ちょっとした経緯がありまして、知り合いから『cheero power plus 2』の前のモデルである『cheero power plus』を借りたところ物凄い安心感に一目惚れ。

海外旅行にいく為に借りたわけですが飛行機の中でみっちり映画1本見てもバッテリーは100%(モバイルバッテリーをつなげながら見てました!)

夜寝る時も折角借りたんだしコンセントじゃなくて『cheero power plus 』で充電してみようって事で
手元で充電しながら就寝。コンセント場所に依存しないって素敵!

そんなヘビーな使い方を二泊三日使ってもバッテリーの残量メーターは1つ減っただけでした。
数字で見ても10000mAh超えのバッテリーは凄いってわかりますが実際に使っても凄いと感じたので購入を決意したわけです。

でも『cheero power plus2』は速攻売り切れで中々買えずにモヤモヤしてたら、いつの間にかAmazonで発売していたので速攻ポチりました。

『cheero power plus 』が2になって変わった点
・色がブラックとシルバー2色になった。
・質感が良くなってiPhoneと並べても相性バッチリ。
・電源のON/OFFがなくなって自動になった。
・容量が10000mAhから10400mAhにパワーアップ。

モバイルバッテリーにお悩みの方是非どうぞ!

Illustratorで作った看板デザインをPhotoshopを使って実写に合成する方法

Illustratorで看板デザインを作ったはいいけど、実際の見え方が気になる時ありますよね。
イメージがしやすいように、取り付け予定地に合成した写真を作ってみましょう。
「え、もう看板つけちゃったの!?」と驚かれること間違いなし?
続きを読む